ゼノブレイド3 Part.2

2話をクリアしたが既にかなりのボリューム。
2022073104583100_s
時間をとられてる部分はムービーシーンが多いってのもあるが、
相変わらず先の気になる展開なのでそんなに気にはならないかな。
今作は1以上に話がシリアス続きだが、その分休息次のイベントなんかは癒される。
続きを読む

ゼノブレイド3 Part.1

1話だけクリアしたが早速ボリュームが凄いな。
2022072900060400_s
操作面は2の正統進化といった感じで更に色々追加されているが改善点もあり、
シリーズに慣れてる身からすると非常に遊び易くなったと思う。
グラフィックも更に良くなったしBGMも相変わらず素晴らしい。
続きを読む

メタルマックス生存

先日のゼノシリーズの販売移管だったり、
eショップ終了前にVCの1や3DSの4が配信終了という速さを見て、
これはメタルマックスがコンテンツ自体逝ってしまったかなと思ったら、
まさかのサイゲが拾ってくれるという超展開。
Cygames,「メタルマックス」関連事業を譲受。
原作者の宮岡 寛氏はCygames所属のディレクターとしてシリーズのリブートに取り組む


メタルマックス3発表の時も驚きましたが、こういうのを見ると人気があるのと同時に、
色々な人に支持されているコンテンツなんだなと実感しますね。こっちまで涙が出て来る。
で、ミヤ王がサイゲに移ったのを見て閃乱カグラの高木Pを思い出したが、
なんとそのサイゲでMMを手掛けるのが高木Pという・・・
いやーなんか凄い事になりましたね。とりあえずMMが生き残れそうで良かった。
そしてこれでメタルマックス5という期待が持てますな・・・
少なくともメタルマックスはナンバリングに関しては4まで名作なので、
ゴタゴタでシリーズが潰えてしまうのは勿体ないしな。いやー本当に嬉しい。

BzV1RbtCIAAd2zA
ついでに既存タイトルを現行機で遊べるようにしてくれないですかねサイゲさん!?
メタルマックスシリーズってDS以降のはどれもプレミア価格になってるし、
新規も遊び辛いと作品だと思うんだよね。何より自分の3DSもまだ動くものの古いしなぁ。
応援はデレステの方で課金という事で何卒・・・(笑

ゼノブレ3に逃げる

明日はついにゼノブレ3発売日!刺青の聲クリア間に合わなかった・・・(笑
まぁやれそうなら並行プレイで無理ならゼノブレ3後になりますかね。
毎度の事ながら大のネタバレ嫌いなので、明日からSNS等の情報を遮断して生きなければ。
風花雪月無双なんかは公式がプレイアブルキャラをバラしてたし油断できねぇ。

PS Plus、8月のフリープレイは「龍が如く7」や
「リトルナイトメア」など4タイトル! 8月2日提供開始


如く7は自分みたいな龍が如くを全然プレイしていない人も楽しめる作品なので、
ナンバリングだからなーとスルーせず是非遊んでもらいたい作品ですね。
インターナショナル版も配信されているのでPS5だと60fpsで遊べる。

『龍が如く』シリーズの8作品が8月から2022年内にかけてPS Plusで順次配信決定!

ゲーパスと同じ配信になるみたいね。評判良い0と極1&2はそのうち遊びたいところ。
1と2自体はPS2で遊んだ事あるけど、グラフィック以外も極では結構変わってるらしいな。

新たなPS5システムソフトウェアのベータ版が日本を含む一部地域で配信に。
1440p解像度での映像出力や,新機能“ゲームリスト”に対応


4Kディスプレイとかまだ買う気が起きないし、
実際4Kで60fpsを安定して出せるゲームってのがまだCS機ではほぼ無いようなので、
こういう下の方に目線を向けてくれるのは非常にありがたい。
実際FPSとか遊ぶなら画面の綺麗さより快適さのが優先されると思うし。

『アノニマス・コード』主人公・高岡ポロンが
秋葉原ラジオ会館のビジョンをハッキング。
最新PVとアニメ『シュタインズ・ゲート』第1話をサプライズ上映


興味はあるんだがノベルゲーは中々時間をかけて遊ぶ気になれんので、
他の空想科学ADVみたいにアニメ化してくれないかな・・・(笑

対魔忍RPGのブラック・ラグーンコラボのキャラ属性が判明。
超人はレヴィかと思ったらロベルタなのか・・・で、レヴィは魔性と。
魔性は鬼神凜子や夜会紅が強すぎだし覚醒紅もいるので、アタッカーだと枠が悩ましいなぁ。
サポーターだとレヴィのイメージに合わないし、果たしてどういう性能になるのやら。
嫁アサギが追い風になってる超人は、ここらでヤバい性能のアタッカーが来そうね。

過熱する怨霊バトル

七ノ刻までクリアしたが若干怨霊相手が手強くなってきた。
IMG_0695IMG_0689
というか深紅は霊力優先で伸ばしてるけどリーチ不足なので、
高いポイントを払ってでもそっちを優先しないと厳しいかもなぁ。
と言うのも今回戦った場所は狭くて足場の悪い所でのエンカウントが多く、
視点を動かしている間に奇襲を食らうって事がしばしば。

IMG_0696
広い範囲を探索させられる事になる4つの石集め。
そして1つ取る前後で大体面倒な戦闘が発生するので涙目だった。

IMG_0685IMG_0691
今のところ刺青の聲で一番ビビった相手。急に出るので叫び声をあげてしまった。
静かな夜にプレイしているのに不意打ちはやめるんだ!

IMG_0692
顔が痛々しい。

IMG_0694
この槌を持った少女とはちょくちょく戦う事になるが、
今回戦った大階段での2体相手はかなり消耗させられてしんどかった
浮遊して移動→目の前に出現や突進といったテクニカルな動きをしてくるので、
階段との相性が非常に悪い。おかげでフィルムを無駄使いして後のボス戦で苦労した。

IMG_0697
七ノ刻のラストに戦う久世家当主。フィルムが残り少ないので慎重に戦おうとするも、
距離を離されてのロケットパンチ(腕飛ばし)で翻弄されてこれまた疲弊。
深紅は近接戦闘が強力とは言え、やはり逃げ回る相手対策に射程を伸ばさないと・・・

IMG_0679
現実世界は色んなところに霊が出現し物騒になってきた。
正直、夢の中の探索よりこっちのが怖いかもしれない(笑

深紅と螢

五ノ刻までクリアしたが、現実パートに戻るせいか緊張感はやや低く感じる。
しかも場合によっては途中で引き返したりもできるからね・・・
ただ操作性が良好なのもあって進めていくのは楽しいし、ビビるところはビビる。
IMG_0632
相変わらず女性型の怨霊は美人なので怖くないな・・・(笑

四ノ刻ではついに深紅の操作パートに。触ってみた感じ怜より運動性は低めな印象だが、
霊力が高めなようで怨霊退治の性能は頭1つ抜けてる気がする。
IMG_0647IMG_0655
ただ何回かダメージを食らったけど体力の減りが早く、これは捕まるわけにはいかんな。
ちなみに怜の探索していた箇所と違い深紅が行く事になった眠りの家は、
あの初代にも出た氷室邸とほぼ同じ構造なのでマップを暗記してたのもありサクサクだった。
初代は怨霊が手強いかつ動きが速い事もありりビクビクだったが、
今作はその辺に関しては遊びやすくなっているので安心。

そして紅い蝶の主人公の澪の話題が出始めてきた。
IMG_0645IMG_0656
どうやら彼女は姉の繭が亡くなったショックで眠りの屋敷に囚われている様子。
そして怜、深紅に続く次の主人公として登場したのが天倉姉妹の伯父にあたる螢。
彼は怜の婚約者だった麻生優雨、深紅の兄である真冬の仕事仲間だったそうだ。

螢は男性という事もあってか運動能力が高めなようで移動速度が速く、
今まで女性2人では無理だった障害物も動かして先へ進む事ができる。
IMG_0664IMG_0662
難点として本人に霊力がほとんど無いのか霊相手が非常に厳しく、
射影機を拾っても霊力ゲージが溜められない事もあり、あまり有効打にならない。
一応強化レンズはあるが霊子が貯まりにくいので深紅みたく連発もできないし。

ただ霊力が低い利点として怨霊に見つかり難いようで、
曲がり角などに逃げると撒く事ができるので探索は大変ではなく、
更に彼専用アクションのしゃがむを使えば強敵を完全スルーもできるので、
怜や深紅とゲーム性での差別化が出来ていて、これはこれで楽しいなと思った。
ステルス要素が強く、プレイ感としては濡鴉のあやね編に近いかな?

IMG_0670
六ノ刻は再び怜パートのようだが、いよいよ現代にも霊の影響が強く出始めて来たか?

PCブラウザ推奨
カテゴリー
コメント履歴