一気にクリアまでやった(昨日更新無かったのはそのせい
2019083006072100-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
ネタバレに関しては続きを読むで書くとして、大まかな感想。

2019083004302700-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
久々の据え置き機でのFE(♯FE除く)という事もあってか、
シリーズの集大成ともに呼べる、非常に完成度高い作品になっているが、
特にシステム面は過去の要素が洗練された事で育成の自由度が増し、
自分の中ではシリーズで1番の出来と言ってもいいかも。
以前も少し書いたが、自由に好きな武器や魔法を持たせる事が出来るのが嬉しかった。

自分としては一番取っつき易いFEでもあると思うので、
過去作遊んだ事無い人にも風花雪月はオススメできますね。

今作の2部は国対国の戦争をシナリオの重点に置いてあるので、
一貫して重い展開が続いてましたが、その辺昔のFEらしさがあって良かったです。
皆キャラが立っているのもあり、5年後の対面で相まみえるのは心苦しくもあったが。
この辺に関しては2周目から更にきつそうだな・・・青獅子全員スカウトさせてくれ!(無理
シナリオは3国間での戦争に関してはちゃんと終わりを迎えたのだが、
一部キャラの件で未解決部分が結構あったり。レアやフレン&セテスが何者なのかや、
前回話題にした死神騎士、紋章持ちのメルセデスが英雄の遺産を入手していない等。

その辺は支援会話の進行度やクエストといった部分だけでなく、
関連キャラをスカウトする事によるフラグがあったりするのかな。
まぁ調べるのは全ルートクリアしてからでもいいかなと。

終盤のエーデルガルトを見て2周目は黒鷲(帝国)も少し考えたけど、
ここは元々予定していた金鹿(諸侯同盟)で進めようかなと。主人公は引き続き男だな。

以下、終盤ネタバレ

2019082922204100-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
決戦前に密会。結局最後まで彼女の真意はわからなかったが、
やっぱそこは黒鷲ルートで確かめるしかないのか。
てか金鹿だと最終的にどっちと戦うんだろうな。

2019082922193500-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019082922203100-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
エーデルガルト・・・エル・・・まさかプレイヤー名と被ってしまうとは・・・
石川(界人)君が俺のHNを読ぶので何ともむず痒い気分になった(笑

決戦前に誰に告白するかの選択が。告白はラスボス撃破後だった。
2019082922212200-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
1人だけ場違い感あって吹いたが、そういやifでも同性婚はあったなぁ。
まさか娘のアネットも父親が主人公の恋人候補だとは思わなかっただろう。
ちなみにイングリット、アネット、マリアンヌの3択だったがイングリットにしました。

ドロテアもついに敵として登場
2019082923404600-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019082923405300-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
背中がエロい!舞踏会で踊り子の称号をこちらが取れなかったら、
彼女はここでウォーロックでなく、踊り子になったりしてたのだろうか。
そういや上級職のウォーロックのが、最上級のグレモリィより単純な火力はあるんだな。

2019083000153000-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083000153700-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
終盤になると敵は固定砲台で射程外攻撃をしてきたりもするので、
反撃食らうと次ターンで死ねる事が度々。なので基本的に1撃狙いですな。

2019083000345600-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
ペトラは速いわ必殺高いわで怖すぎでしたね。逆に自軍にいれば頼もしいはず。

2019083001151400-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
ラストエリクサー状態に陥りそうだったし、敵のターンが怖いので、
ここらで英雄の遺産も惜しみなく使っていった。

2019083001373800-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
メティオが無いヒューベルトなんて!ここはボスは楽だがとにかく道中が難しく、
砲台を排除しても銀武器持ったソードマスターや
必殺が高いウォーマスターが沢山いるので最後まで気が抜けなかった。

2019083004261700-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
特にウォーマスターは、運が悪いと硬いシルヴァンやドゥドゥーでも死ねる。
なので壁やる時もこいつ相手に関しては、手前まで引き付けてから倒す形でした。
力が多少低いソードマスター相手のがまだ楽だ。

というわけで次が最終ステージ
2019083001483300-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD2019083001485700-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
俺女性キャラで青獅子プレイしたら多分フェリクスと結婚するわ(唐突

2019083001512100-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
ワケガワカラナイヨ。ステータス見ると古の術を使ってこうなったようだが、
黒鷲ルートだとディミトリもこうなってしまうのかな?この辺は最近のFEっぽさを感じた。

2019083003192400-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083004063600-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
射程30とかいうぶっ飛んだ攻撃を1ターンに2回かましてくるが、
威力も命中も低めで魔法職でも食らっても17とかだった。
怖いのはどちらかと言うと、やたら数の多いウォーマスターの追撃。
てかフォートレスとかの鈍足が敵に全くいないのは嫌がらせだ(笑

2019083003252900-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD2019083003421500-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
帝国兵に混じっている謎の組織の幹部らしき人物を倒すと、
組織の兵だけ撤退してくれるが、どういった存在なのかはわからずじまい。
確か外伝とかでも所属確認したら敵としてこの組織は時々出ていたような。
うーん、この辺もやっぱフラグがあったりするのかな。それとも別のシナリオで戦うとか?

2019083003582500-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083004010400-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
ウォーマスターやソードマスター、魔獣には基本的にシルヴァンを先にぶつける形。
必殺の指輪やキラー武器のおかげもあり、必殺を連発してくれて頼もしかった。
ただパラディン経由して魔防補強しつつ聖盾を取ったとは言え、
射程10のサンダーストームで事故りかけたり、魔法職相手には終盤きつかったです。

ちなみにここも道中が厳しかったがラスボスは楽勝だった。
HPゲージ3つあるけど素の火力が低いので死ぬ事も無いし。
途中、増援フラグがあったが事前に警告してくれるので階段塞いで阻止。
2019083005345400-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083005400800-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
というか素のエーデルガルトのが圧倒的に強かったな・・・
彼女が何故こういった姿になる術を手に入れたかは不明のままだったが、
あまりの変わりっぷりに見ていて逆に悲しい気持ちに。
黒鷲シナリオだとこうなるのを拒む展開になったりするんかね。
まぁでもディミトリも、主人公がいないで闇落ちしたままだとヤバい事になりそうだが。

2019083005401900-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083005404000-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083005411700-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
最後までエーデルガルトに戦う意志があったのがせつないが、
まるでこう来るのがわかってたように、彼女にトドメを刺すディミトリも流石だなと。
最近のRPG等でラスボスを見逃す事も多い中、有言実行なディミトリは逆に新鮮でした。
これは残り2人のシナリオも楽しみだなぁ。

以下、後日談
2019083005441900-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
2019083005451300-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD
髪を5年前のに戻して欲しい(本音

指輪渡す前のデータ残しておけば候補全員分のイベントCG見れるけど、
一つ前のヒューベルト戦からやらなきゃいけないのがちょっと大変ですね。
ちなみにこの手のイベントは自分で出して見たい派なので、
覚醒の頃から見てない支援SのCGが多々ある(笑

画像が多いので戦績なんかは別記事で。